スマートフォンの進化の歴史について

低価格スマホへの意向

  • スマートフォンは、ここ10年で急速な進化を遂げてきておりますが、ここ数年はその進化が停滞してきたと言われるようになってきております。内部スペックが底上げされてきてはいるのですが、根本的な利用方法にそこまで大きな改善がないというのが一般ユーザーの認識となっております。

    スマートフォンの根幹を担っているiPhoneやAndroidのいずれも、デザイン性は多様化されてきてはおりますが、電池の持ちはそのままであったりなど不満点が改善されていなかったり、以前のように一目見ただけで革新的だと思えるような機能があまり見られなくなってきているといった声が聞かれるようになってきております。

    また、最近のスマートフォンは、内部スペックが充実してきているという事がネックになり、スマートフォン自体の値段がかなり高くなってきております。iPhone3Gの発売当初に話題になったソフトバンクのiPhone for everybody キャンペーンでは、3万円程度で入手する事ができたiPhoneも、2017年の10月現在において最新機種であるiPhoneXは、同じソフトバンクでは、分割支払金の総額が131,040円になっております。月々割を使用すれば、半額程度まで落とす事ができますが、果たしてそこまでのハイスペックマシンを所有していても必要あるのかという風に考える方も多く、低価格でそこそこの性能を備えたスマホの人気が一部のユーザーに高まってきているというのも事実です。