スマートフォンの進化の歴史について

スマートフォンの進化

  • これまでの日本のガラケー市場にスマートフォンが登場したのが2008年のiPhone3Gの普及でした。これまでは一部の方がブラックベリーのような機体を使用しておりましたが、ガラケーが主流だった状況から、これまでにないオシャレなアイテムでありながら、お年寄りでも簡単に操作することができる直観性が受け、瞬く間にユーザーが広がっていきました。日本国内では、海外よりもiPhoneユーザーの数の割合が多く、多くの方がiPhoneを利用していたのですが、最近では、Androidの多様性やiPhoneの値段の高騰によってAndroidユーザーも増えてきました。

    iPhone3Gが発売されて今年で10年目になりますが、その10年足らずの時間で、スマートフォンはiPhoneとAndroidの両方の魅力によってあっという間に普及し、ガラケーを使用している方はほんの一部になっております。スマートフォンをもっと便利に利用する事のできるアプリなども充実し続けており、いまやスマートフォンは、わたし達の生活に欠かせないアイテムとなっております。

    Androidのスマートフォンが日本で普及を始めたのは2012年前後になりますが、それ以来、スマホの頭脳にあたるOSは毎年のようにメジャーバージョンアップが行われ、利用できる機能が増えたり、強化されたりしています。そこでこちらのページでは、スマートフォンの進化の歴史についてなどの情報について詳しくご紹介していきます。これから新しくスマートフォンを買い替えようと思っている方は、ぜひチェックしてみてください。